努力をしていく|なりたい職業は努力で叶える|武蔵野音楽大学や専門学校で技術を磨く
男女

なりたい職業は努力で叶える|武蔵野音楽大学や専門学校で技術を磨く

努力をしていく

女の子のイラスト

アニメの専門学校に通いそして学ぶべき事は、動画や原画スタッフの技術であります。もちろん他の事も学びますが、第一は動画や原画が描けるように専門学校はカリキュラムを組んでいるのです。そしてアニメは好きだけど動画や原画をよく理解出来ていないという、ゼロからのスタートの方が多いです。それは恥ずべき事でもなく当たり前の事であるので気にしなくても大丈夫です。何故なら専門学校とは専門的な知識をゼロから学ぶ所であります。何も問題ありません。まず動画と原画は何かを理解してから技術を磨く為の授業を進めていくのです。鉛筆とタップと呼ばれる製図の用具が、自分がアニメ制作の世界で生きていく上での武器となります。これらの武器を自在に操り作画が出来るように、専門学校は全力で支えてくれます。一緒に切磋琢磨していく仲間たちもいますので、努力を惜しまず諦めず日々学んでいきましょう。そうすれば実際のアニメ制作現場に突入したとしても、しっかりと仕事をこなせるように成長する事が可能です。何故なら専門学校に通うとなると、毎日鉛筆を持って絵を描く事になります。アニメーターやマンガ家やイラストレーターに必要な事といえば、毎日絵を描いているかどうかという事になります。毎日描かなければアニメーターとして力は付きません。フリーハンドで円が描けるぐらいに鉛筆を使えるようにならなければなりません。したがって専門学校に通ったからと気を抜いてはならないのです。はっきり言うと専門学校に入学してからがとても重要です。入学してからどう自分が学んでいくのかによって、自分のクリエイターとしての人生が構築されていくのです。

専門学校の特徴としては、その学校が専門としている分野の業界と繋がりや関わりがあります。自分だけでは接する事の難しい業界が、非常に身近に感じる事が出来るのが専門学校です。それはアニメでもマンガでもどの分野であっても同じであります。業界に近いというのは非常にプロになるには有利である状態であり、話も聞ければ作品を添削してもらう事も可能です。もちろんコネクションが出来るという事ではありませんが、業界を身近に感じられますし、何より自分がそこに飛び込めるかどうかというイメージがつきやすくなります。仕事の素晴らしさとともに仕事の大変さも教えてくれるのが業界の方々です。話を聞ける機会は本当に多いので、その機会を大切にして日々アニメを学んでいくべきです。